HOME > 会費・寄付について > 社協と社協会費についてのQ&A

会費・寄付について

社協と社協会費についてのQ&A

Q.社協と会費について教えて。

A.社協は、当会の趣旨にご賛同いただいた住民のみなさまや、法人・団体のみなさまのご参加をいただきながら運営されている会員組織による民間の福祉団体(社会福祉法人)です。

 社協は、社会福祉法第109条に基づき、各都道府県・市町村に設置されています。住民のみなさま、法人・団体のみなさまのご参加・ご協力いただき、地域福祉の推進を図ることを目的とした民間の福祉団体です。
 「住み慣れた地域で、安心して暮らしたい」という願いは、誰しも共通の想いではないでしょうか。今後、ますます複雑、多様化する福祉の需要に応えていくためにには、法律では行き届かないきめ細やかな活動が必要となります。その中に、地域住民同士の助け合いによって満たされる福祉があります。
 社協は、住民のみなさんのお力を生かしながら、「人と人との助け合い」の精神で、自分たちの手で解決していく地域福祉を推進する役割を担っています。

Q.社協の財源はどうなっているの?

A.みなさまからの会費や様々な補助金などで成り立っています。

 社協の様々な事業運営には財源が必要です。主な財源は以下の通りです。
 (1)県・町・県社会福祉協議会からの補助金・委託金
 (2)社会福祉協議会会員からの会費
 (3)共同募金・歳末たすけあい募金からの配分金
 (4)住民・企業などからの寄付金
 (5)その他

 会員のみなさまからいただく会費は、財源のうち大きな柱となっています。

Q.寄付とどう違うの?

A.会費は寄付ではありません。会員のみなさまに、社協のサポーターとしてご協力いただくものです。

 寄付は、それぞれの趣旨のもと、集められるものです。
 一方、社協会費は、高浜町の地域福祉推進のすべてに活用できるものであり、会員のみなさまの参画意識が、高浜町の地域福祉に大きく寄与するものと考えられます。
 社協活動や地域福祉活動にご賛同いただき、会員として会費にご協力いただくことは、社協を応援していただき、地域福祉活動に参加するひとつの方法と考えています。

Q.会費は何に使っているの?私たちは社協のサービスを使えるの?

A.みなさまからお寄せいただいた会費は、さまざまな地域福祉活動に活かされています。

 「自分たちの地域のために」「自分たちで出し合い」「自分たちのために使う」それが、社協会費だと考えています。みなさまから寄せられた会費は、社協が進める地域福祉活動の事業運営の財源として、大切に活用させていただいています。

Q.会費は強制ですか?

A.社協の会費は任意であり、高浜町社協の取組みにご賛同いただいた方に、金銭的なご協力をお願いするものです。ぜひ、会費納入にご協力ください。